見返したいと思ったら?あの人を見返すための10ステップ

見返したい

見返したいと思ったら?あの人を見返すための10ステップ

 

「悔しい!」「見返したい!」「見返してスッキリしたい!」

そう強く思っても、ふと気持ちが覚めると「私にできるかな?」と不安になることありませんか?

 

あの人を見返したいと思っても、実際に何をしたらいいか、私にできることかなどいろんな気持ちが頭をグルグルと回って考えがまとまらない。

 

そんな時に読んでほしいのが、この記事です。

この記事では、見返したいと思った時にするべきことを10ステップに分けて詳しく紹介しています。

 

見返すにしても、見返さないにしても順番に気持ちを整理していくことで、今のあなたに大切なことを見つけることができる内容になっています。

 

  • 何をすれば見返せるのか?
  • どうすれば、今のモヤモヤした気持ちがスッキリするのか?

 

こんなお悩みを抱えている人は、一緒に見返したい気持ちを整理してみましょう!

 

あの人を見返すための10ステップ

まず最初に、見返すための手順を10ステップに分けてみました。

順番に見ていくと、わかりやすいので上から順番に読んでみてください!

 

具体的には、次の10ステップです。

  1. 見返すとは?
  2. 見返したい気持ちになった原因は?
  3. 見返したい理由を明確にしよう!
  4. 見返すメリット・デメリット
  5. 見返すと仕返しの共通点は?違いは?
  6. 見返す方法の選び方
  7. 見返す前に準備すること
  8. 見返すコツ
  9. 見返す注意点
  10. 見返せなかった時の対処法

 

見返すとは?

そもそも、見返すとはどういうことなのか?

goo国語辞典によると、次のように書かれていました。

 

み‐かえ・す〔‐かへす〕【見返す】の解説
[動サ五(四)]

後ろを振り向いて見る。振り返って見る。「―・す顔に涙があふれていた」

一度見たものをもう一度見る。見直す。「答案用紙を―・す」

相手からの視線に対して、それをはずさないように相手を見る。「こちらも負けずに相手の目を―・した」

昔受けた侮りや辱めに対する仕返しとして、相手をしのぐ状態にある自分を誇示する。「えらくなって―・してやろう」

引用元:goo辞典

 

今回の場合、『4』の『バカにされたり恥ずかしい気持ちにさせられたことに対する仕返しとして、相手より私の方が上だぞ!と感じさせる』ことが見返すことになります。

 

 

見返したい気持ちになった原因は?

それでは、なぜあなたが見返したい気持ちになったのかを考えてみましょう。

思い出すのも嫌なことかもしれませんが、ここは少しだけガンバって!

 

冷静になった今、一度だけふりかえって原因を突き詰めることが大事なんです。

理由は、この原因を突き詰めて取り除かなければモヤモヤした気持ちが解消しないから。

 

原因を考えることで、「そもそもの問題は何なのか」をハッキリさせることができます。

 

思い出すのも嫌なことでも、そんな気持ちを2度とあじあわないためにも、しっかりと見つめ直しましょう!

 

 

私の場合は、転校が原因でイジメられたことがあります。

そんな時に、「見返してやりたい」という気持ちがフツフツと生まれました。

 

イジメられたのは「よそ者」だとナメられたから。

私自身も新しい土地でビクビクしていたので、「弱そうなヤツだ」と思われたのが大きな原因でした。

 

【よくある原因】

  • みんなの前でバカにされた
  • 信じていた人に裏切られた
  • 仲間外れにされた
  • 恋人に裏切られた

 

【よくある問題】

  • 下に見られる
  • 敵にしても怖くないと思われる
  • 体型などの見た目で悪く見られる
  • お互いの常識に食い違いがある

 

 

見返したい理由を明確にしよう!

見返したい気持ちになった原因がわかったら、次は見返したい理由を明確にしましょう!

 

どうして見返したくなったのか?その理由は?

 

これを明らかにすることで、次に「何をすればいいのか」「どうなれば気持ちがスッキリするのか」がわかるようになります。

問題の解決策を教えてくれるのが『見返したい理由』です。

 

私の場合は、イジメられてみじめな気持ちになるのが嫌だったから。

自分に価値がないと思いたくなかったから、見返したいと強く思うようになりました。

もちろん、仕返しをしたいという気持ちも少なからずありましたけどね。

 

【見返したい理由の例】

  • 相手にギャフンと言わせたい
  • みじめな気持ちになりたくない
  • 相手にも同じ気持ちを味あわせてやりたい
  • 相手を後悔させたい

 

 

見返すメリット・デメリット

ここまで考えると、『なぜ』見返したいと思って、『どういう風に』見返したいかがぼんやりとわかってきたのではないでしょうか?

 

ただ、見返すことにはメリットとデメリットがあることだけは知っておいてください!

 

メリット

【見返すメリット】

  • 気分が良くなる
  • 気持ちが前向きになる
  • スッキリする
  • 切り替えができるようになる
  • 嫌なことを忘れることができる
  • 相手がどうでも良くなる

 

見返す一番のメリットは、気持ちが前向きになることです。

気持ちをスッキリさせると、気分が前向きになり、笑顔になりますよね?

 

気持ちや気分って思ったより大事なんです。

暗い気分で行動すると、上手くいかないことが多い。

ですが、明るい気持ちで行動すると、やはり周囲も気持ちが良くなるのでうまくいくことが多くなるんです。

「あいつ頑張ってるから応援してやるか」なんて思ってくれる人が現れるかもしれませんよ!

 

 

デメリット

【見返すデメリット】

  • 調子に乗ってると思われる
  • 相手が多数だと少し不利
  • 恨まれる可能性がある
  • 嫌がらせを受ける可能性がある
  • ねたまれる可能性がある

 

見返すデメリットは、相手にねたまれる可能性があることです。

他人に対して嫌なことを平気でしてくる相手の場合、相手が自分より優位にたつことが許せないと考える方がいらっしゃいます。

自分より良い物を持っていたり、良い条件で雇用されると「チヤホヤされてニヤケニヤしやがって!」と恨まれる可能性があるんです。

 

見返す場合は、相手をしっかりと見極めることが大事です。

少しでも仕返しされそうな場合は、見返すのではなく縁を切ることをおすすめします。

 

 

見返すと仕返しの共通点は?違いは?

メリットとデメリットはわかったでしょうか?

ここで、もうちょっと深く考えてほしいことがあります。

 

それは、「見返す」と「仕返し」について。

 

見返すと仕返しは同じような意味に思えますが、実は違うんです。

理由は、言葉が違うから。

 

 

見返すと仕返しの共通点

 

見返すと仕返しの共通点は、『相手にギャフンと言わせる』こと。

この点だけを見ると同じに見えてしまうんですが、違いを見ると全然違うことに気づきます。

 

見返すと仕返しの違い

 

見返すと仕返しの違いを簡単にいうと、『相手に手を出すか出さないか』が違います。

 

見返すは、相手に手を出さずに自分の行動で表現すること。

仕返しは、相手に手を出して同じことをやり返すことになります。

 

イメージでは、見返すのがワンピースの覇気のようなものですね。覇王色の覇気をまとえば、ジロリとにらむだけで相手がスゴスゴと逃げたり、気絶したりしますよね。

 

仕返しのイメージは、ワンピースでいうと海賊同士のケンカと同じです。殴られたから殴り返した。そんなイメージです。

 

 

見返す方法の選び方

見返すと仕返しの違いはわかったでしょうか?

見返すが覇王色の覇気と考えると、威厳が必要ですよね。

個人的には、シルバーズ・レイリーのような余裕を持ちながら相手を圧倒できるようになると超一流だと思っています。

 

むやみやたらに見返すのではなく、心に余裕を持ちながら、相手を圧倒させる。

そうすると、気持ちをスッキリさせることができますよ!

 

また、仕返しは絶対にしないのも大事!

理由は、仕返しは仕返ししか産まないから。

 

小学生の時、ありませんでしたか?

「バーカ!」「バカって言ったな!バカって言ったほうがバカなんです!」というやりとり。

片方が怒って、相手を怒らせる。そうすると、怒らせた相手が恨みを持って、仕返しされる。

 

これは、見返すのではなく仕返しをしてしまうことが原因なんです。

なので、見返したい場合は、仕返しではなく見返しをする方法を選びましょう!

 

【具体的な見返しの例】

  • 相手より能力的に優位にたつ
  • 相手より容姿を優れたものにする
  • 相手より頭が良くなる
  • 相手よりお金を稼げるようになる
  • 相手より出世する(身分が高くなる)

 

 

見返す前に準備すること

見返すには、相手より優位にたつことが重要だということがわかったでしょうか?

 

それでは、ここからは『どうやって見返すか』を考えていきましょう!

 

見返す前に考えてほしいことは1つです。

それは、見返すための手段を決めること。

 

相手を『能力』『容姿』『頭脳』『お金』『身分』など、どれで見返すかによって、準備すべきことが変わってきます。

 

全ての能力を鍛えるには時間が足りないので、どれかひとつに決めることをおすすめします。

 

あなたは、何で相手を見返したいですか?

 

 

見返すコツ

相手を見返す手段は決まったでしょうか?

どの手段でもアリですが、見返せるようにしっかりと鍛え上げましょう!

 

次は見返すためのコツです。

見返すのに一番大事なことは、相手をギャフンと言わせることです。

 

実はギャフンと言わせるには、圧倒的な能力差を見せつけなくても良いんです。

相手より優れていることを、わからせれば良いだけ。

 

目安は、平均より少し上にいけば良いです。

 

平均って普通なように感じますよね。

ですが、少しだけ見かたを変えてみてください!

 

平均は半分のラインです。

つまり、平均よりちょっとだけでも上にいけば、世の中の人間の50%より優れているということなんです。

 

相手がどこにいるかにもよりますが、上位40%ぐらいまでいけば見返せる場合は、平均を目指して頑張ってみましょう!

 

 

見返す注意点

最後に、見返す時の注意点をひとつだけ言います。

それは、『見返すことが目的にならないようにしたほうがいいよ』ということ。

 

ここまで読んでくれたあなたならわかると思いますが、見返すには自分が優位にたつことが大事なんです。

つまり、自分を鍛え、今よりレベルアップさせることが必要になってきます。

 

相手を見返したいから始めたことでも、相手を見返したらそれで終わりということにはならないんです。

 

あなたの人生は、あの人を見返したあとも続いていきます。

 

より、あなたらしい人生を歩むために、自分の人生を歩いて行かなければならないんです。

 

そう考えると、見返すためだけに頑張るのはもったいないと思いませんか?

 

見返して気分が良くなるのも悪いこととは言いません。

それで気持ちが切り替えれるなら、それはいいことです。

 

ですが、ここで少しだけ冷静に考えてみてください。

 

見返すために得た能力を、あなたの今後の人生に生かしていくことができたら?

 

見返してスッキリすると同時に、便利な能力も手に入れることができたら?

 

最高だと思いませんか?

 

なので、見返す方法を決める時は、あなたの人生にとってプラスになる手段を選ぶのがいいんじゃないかなと思います。

 

 

見返せなかった時の対処法

見返すのに失敗する原因は、大きく分けると2つです。

  1. 相手がギャフンと言う方法を選べていない
  2. 見返すだけのレベルが足りなかった

 

相手がギャフンと言う方法を選べていない

これは、見返す方法の選び方が悪かったことが原因です。

相手を見返すための方法を見直しましょう。

 

具体的には、『見返す方法の選び方』からもう一度読み直してみてください!

 

 

見返すだけのレベルが足りなかった

見返すだけのレベルが足りない場合は、よりレベルアップさせてみましょう!

自分一人でできない場合は、専門家に意見を聞くことも大事になってきます。

 

能力が必要な場合は、専門のスクールに通う。

容姿が必要な場合は、パーソナルジムに通う。

お金が必要な場合は、ビジネススクールに通ってみる。

身分が必要な場合は、話し方教室に通ってみる。

 

など、工夫をしてみることが大事です。

 

一人では気がつかないアドバイスをもらえたりもするので、専門家の意見も聞いてよりレベルアップを目指してみましょう!

 

【おすすめの教室】

  • パーソナルジム

 

まとめ

見返すための手順は具体的には、次の10ステップです。

  1. 見返すとは?
  2. 見返したい気持ちになった原因は?
  3. 見返したい理由を明確にしよう!
  4. 見返すメリット・デメリット
  5. 見返すと仕返しの共通点は?違いは?
  6. 見返す方法の選び方
  7. 見返す前に準備すること
  8. 見返すコツ
  9. 見返す注意点
  10. 見返せなかった時の対処法

 

特に大事なことは、見返すと仕返しの違いを理解すること。

ここで問題です。「見返す」と「仕返し」の違いを10秒以内に考えてみてください。

 

答えはでましたか?

答えは、こちら。答えあわせをしてみましょう!

 

 

関連記事

>>見返したいのが友達!?そう思ったときにすべき3つのこと

>>体型で見返したいならダイエット【体が変われば見る目が変わる】

>>見返したい気持ちが生まれたらすべき3つのこと

 

 


イイダ
『大豆は世界を救う』と信じる豆マニア。豆腐屋で6年修行。本格的な手作り豆腐作れます。Twitterでは365日の豆腐ダイエットに挑戦中!ダイエットに興味がある方はTwitterもチェックしてください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です