島豆腐でわかる沖縄人の豆腐への愛情「島豆腐が支えてきた健康と長寿」


こんにちは、イイダです。

「島豆腐」沖縄で作られている豆腐を島豆腐と呼びます。一般的な豆腐に比べて、少し固めに作られている島豆腐。島豆腐について詳しく解説していきます。

沖縄の豆腐「島豆腐」

島それぞれに特徴があります

沖縄は小さい島々からなる県で、島ごとに特徴があります。景色が違ったり、名物が違ったりと、隣の島でも全然違う。それぞれの違いを楽しむ島巡りは楽しい旅行になります。

そして、それぞれの島に分かれているということは、島と島で距離があるということ。島と島は、飛行機やフェリーで繋がっています。

高速船や飛行機が飛んでいたりするのですが、モノを輸送するには、どうしても時間がかかってしまいます。豆腐は特に作ってから悪くなるまでの「あし」が早いです。本州で作った豆腐や、大きい島で作った豆腐を運ぶと、運んでいる最中に悪くなってしまうこともあります。

デリケートな食材などは、輸送することが難しい地域でもあります。

各島々に豆腐屋さんがあります

そんな問題を解決するために、沖縄では各島々に豆腐屋さんがあると言っても過言ではないほど、豆腐屋さんが多くあります。

人口が極端に少ない島には無いところもありますが、かなりの割合で島のお豆腐屋さんが存在します。沖縄を旅行するときは、島の豆腐屋さん巡りをしてみるのも楽しいかもしれませんね。

島豆腐の特徴

島豆腐の作り方

そして、その島の豆腐屋さんで作られているのが「島豆腐」です。堅豆腐ほど硬くはありませんが、堅豆腐ともめん豆腐の中間ぐらいの硬さの豆腐です。作り方はもめん豆腐と同じ作り方で、やや散らし気味に合わせるのが特徴です。

本来は豆乳に「にがり」ではなく、「海水」を入れて固めていたのが島豆腐の始まりだったようです。

スーパーフード「島豆腐」

長寿大国「沖縄」を支えてきた、影の立役者が「島豆腐」。高タンパクであっさりとした味の島豆腐は、タンパク質が少ない島でいい栄養源になります。しかも低カロリーで、ミネラルもたっぷり。言うことなしの食材です。昔は1人1丁食べていたという「おばあ」もいたりします。

沖縄の豆腐の1丁は本州の豆腐の3倍はありそうな大きさですから、だいぶ多く食べていたことになります。味噌汁に入れたり、豆腐チャンプルーにしたり、沖縄の料理には欠かせない食材でもあります。沖縄に豆腐料理が多いのも、沖縄の人は豆腐というご馳走を、もっと美味しく料理しようと工夫していたことが見えてきます。

豆腐愛が深い沖縄。島豆腐を通じて、さらに沖縄のことを知りたくなりました。

 

「トウフを食べて健康な毎日を」


イイダ
『大豆は世界を救う』と信じる豆マニア。豆腐屋で6年修行。本格的な手作り豆腐作れます。Twitterでは365日の豆腐ダイエットに挑戦中!ダイエットに興味がある方はTwitterもチェックしてください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です