【沖縄】八重山の豆腐「とみやまの手づくりもめん」


こんにちは、イイダです。

沖縄は豆腐を日常的に食べる地域として知られています。「ゆし豆腐」「島豆腐」などの沖縄独特の豆腐もありますが、絹、木綿など普通の豆腐も売られています。

今回は「とみやまの<手づくりもめん>」を紹介します。

とみやま<手づくりもめん>

 

 

とみやまの<手づくりもめん>は沖縄の離島「石垣島」にある豊見山食品さんが作っている豆腐です。

沖縄では、各島に豆腐屋さんがあり、日常的に食べられています。魚の煮付け、モツ煮込みなどにも豆腐を入れる習慣がある地域です。

そんな沖縄で売られている木綿豆腐。石垣島周辺の離島には、豆腐屋さんがないので、石垣島周辺の離島「八重山諸島」と呼ばれている場所では、石垣島の豆腐屋さんが全ての島の豆腐製造を受け持っています。

人口が多い島「西表島」のスーパーでも買えるのが「とみやまの<手づくりもめん>」です。石垣島周辺の島々の住民に親しまれた味の豆腐です。

 

コクが強く、甘みがある豆腐

とみやまの<手づくりもめん>の特徴は、豆腐の味が濃くて、甘みが強い木綿豆腐というのがポイントです。

木綿豆腐って硬いだけのものが多いんですが、硬くしようとすると豆腐の味が抜けてしまいます。とみやまの<手づくりもめん>は、木綿豆腐ですが、硬すぎず柔らかな仕上がりになっている豆腐です。

硬くしすぎないことで、大豆の旨味が抜けるのを防いでいる、職人技が光っています。この硬さでこれだけの旨味が残っているってことは、作る時ににがりを混ぜた後、熱々の状態で型に流す必要があります。

火傷(やけど)覚悟で作らないと作れない味。使われている豆乳の濃度も高く、非常にレベルの高い、深い愛情を感じる豆腐です。

文句なしに「美味い豆腐」!お店の売り場ではパックに水を入れて冷やして売られていますが、作りたての熱々を食べさせてもらえれば、さらに、さらに美味しいこと間違いない豆腐です。

パック売りで、このコクが出せる職人さんは数少ないです。これからも美味しい豆腐を作り続けて欲しい豆腐屋さんです。

 

口当たりは、少しモロっとしていますが、大豆のコクを強く感じることができる豆腐。数値化してみると、

【味】★★★★☆

【旨味】★★★★★

【口当たり】★★★☆☆

【硬さ】★★★★☆

と言った具合。甘みが強い豆腐なので木綿豆腐ですが「冷奴」で食べることをおすすめします。煮込み料理や、マーボー豆腐、鍋豆腐、湯豆腐にして食べても美味しい豆腐です。

煮込み料理に使う時は、醤油で煮込む料理に使うと、煮込み汁にコクが出て美味しいです。豆腐に入っている水ごと煮込み鍋に入れると、さらにコクが増します。

関連記事>>>「豆腐パックの中に入っている水」は何のために入っているのか

 

 

 

容量は400gと本州よりも大きいサイズで売られています。沖縄では1kgの豆腐も売られているぐらいなので、小さめな部類に入ります。それでも大きい!

2回に分けて食べるか、2人以上で食べるサイズの豆腐です。一人じゃちょっときつい。食べられなくはないけど、豆腐だけでお腹いっぱいになっちゃいます。

 

沖縄では、絹ごしは300g前後、木綿が500g前後で売られていることが多いです。ゆし豆腐なども食べられる地域なので、絹ごしより、木綿を作ることが多いです。

また、煮込み料理に豆腐を入れることが多く、硬い木綿の方が好まれます。

九州以南では、冷奴も「木綿」で食べることが多い食文化があります。「冷奴は絹でしょ?」って思っている人が多いかもしれませんが、木綿で作った冷奴はコクが強く美味しいです。

とみやまの<手づくりもめん>も冷奴で食べるととても美味しく食べることができます。「木綿は煮込み」って考え方を覆してくれる豆腐。初めて食べる人は冷奴で食べることを強くおすすめします。

 

本州(関東、関西)の人は「冷奴は絹」と言いますが、九州・沖縄では「冷奴は木綿」が常識です。

所変われば、使う豆腐も違う。食文化にも特徴が現れるので、面白いですね。

冷奴を木綿豆腐で作る人が身近にいたら、九州・沖縄出身の人かもしれませんよ!

 

 

「トウフを食べて健康な毎日を」


イイダ
『大豆は世界を救う』と信じる豆マニア。豆腐屋で6年修行。本格的な手作り豆腐作れます。Twitterでは365日の豆腐ダイエットに挑戦中!ダイエットに興味がある方はTwitterもチェックしてください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です