嬉野温泉豆腐は「とろける豆腐」湯豆腐にするとリアルにとろけます


こんにちは、イイダです。

「温泉豆腐」という豆腐があります。豆腐は水でできていると言ってもいいほど、水分量が多いです。軟水を使って豆腐は作られていますが、温泉地が近い豆腐屋さんは温泉水を使って豆腐を作っているところもあるんです。

温泉豆腐の特徴と食べ方を解説していきます。

嬉野温泉名物「とろける豆腐」

美人の湯を使った豆腐

有名なのが嬉野温泉水を使った「温泉豆腐」です。とろける温泉豆腐として有名で、冷たいままで食べても、やわやわな豆腐です。温泉水が含まれているなあと感じるのは、豆腐の外側はしっかりしているのに、中がやわやわなところ。キメが粗めで、ちょっとモロミがかっている様な断面です。

佐賀にある嬉野温泉は、ナトリウムが多めな重曹水。弱アルカリ泉「日本三大美人の湯」とも呼ばれ、肌の角質を柔らかくしてくれ、お肌がツルツルになります。そんな温泉水を使うと豆腐まで柔らかになるのです。

本当にとろける温泉湯豆腐

嬉野温泉豆腐の最大の特徴といえば、湯豆腐みたいに煮ると、豆腐がとろけるんです。温泉豆腐を温泉水で煮ていくと、豆乳に戻っていく様に温泉水が白濁していきます。最初見たときは「えっ、豆腐溶けてる…」と思いますが、溶けることによって食感もまろやかになり、大豆のコクも出てきます。

温泉湯豆腐ですが、江戸時代から食べられてきたという歴史があります。嬉野温泉は長崎街道の宿場町で旅人へ提供していた様です。知る人ぞ知る名物料理だったんですね。でも、なぜこの料理がよく知られていなかったのかというと、その理由は温泉水にあったのです。

湯豆腐を調理するには温泉水が必要になります。しかし、その温泉水は販売が禁止されているんです。そこで、開発されたのが「温泉水の代わりになる調理水」温泉水と同じ様な効果があり販売ができる水を開発したのです。豆腐愛、郷土愛ですね。

その苦労のかいがあって、全国へ販売できる様になりました。そんな嬉野温泉豆腐(温泉湯豆腐)を、ぜひ食べてください。調理水を開発するほど、皆さんに食べてもらいたいと思って作っている、思いのこもった豆腐。美味しくないわけがありません。

現地で食べれない人には通販あります

現地で食べるのが一番ですが、時間がないという方には通販もしています。開発した調理水がセットで売っている温泉湯豆腐セットがおすすめです。

温泉湯豆腐にしなくても、温泉豆腐が生で食べてみたい人はスーパーにも置いてある場合があります。パッケージに嬉野温泉と名前がついていますので、探して見てください。

 

「トウフを食べて健康な毎日を」

 


イイダ
『大豆は世界を救う』と信じる豆マニア。豆腐屋で6年修行。本格的な手作り豆腐作れます。Twitterでは365日の豆腐ダイエットに挑戦中!ダイエットに興味がある方はTwitterもチェックしてください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です