豆腐ダイエットをアレンジしてみた


こんにちは、イイダです。

 

豆腐ダイエットという言葉はよく聞きますが、いろいろなやり方が紹介されています。

今回は、1ヶ月で4kg痩せた豆腐ダイエットの方法を紹介します。

本記事では、

「豆腐ダイエットってなに?」

「豆腐ダイエットって効果あるの?」

「豆腐ダイエットのやり方は?」って質問にお答えします。

 

 

本記事を読むと、

POINT・トウフラボの豆腐ダイエットがわかる

・豆腐ダイエットの効果がわかる

・豆腐ダイエットのやり方がわかる

 

豆腐ダイエットをして「1ヶ月で4キロ痩せた」経験からおすすめする方法です。

 

豆腐ダイエットを知って、綺麗な体を手に入れましょう!

 

豆腐ダイエットをアレンジしてみた

豆腐ダイエットをすることによって「健康的に痩せる」ことができます。

今までの「キツイ」「我慢」ばかりのダイエットをやめて、「簡単」「健康的」に痩せましょう。

 

 

豆腐ダイエットとは?

一般的には「お米の代わりに豆腐を食べるダイエット」が豆腐ダイエットと言われていますが、トウフラボでは少しアレンジした豆腐ダイエットを紹介します。

 

理由は、単純に「お米が食べたい!」から。

ついでに言うと、ダイエット中も「チョコレート」「アイス」「クッキー」「ポテトチップス」が食べたいからです。

 

本記事で紹介する「トウフラボの豆腐ダイエット」は、ご飯、甘いものを食べてもよくて、運動しなくてもいいダイエットです。

 

 

豆腐ダイエットの効果

結論から言うと、1ヶ月で「体重がマイナス4キロ」「体脂肪率がマイナス3%」減らすことができました。

表にしてみると、

多少の増減はありますが、順調に体重を減らすことができました。

男性と女性では効果が違ったり、個人差があるかもしれませんが、試してみる価値のあるダイエットです。

 

イイダのスペック

ダイエットをする、イイダのスペックを紹介すると、

・36歳、男性

・身長:173cm

・ダイエット前の体重:76.5kg

・ダイエット前の体脂肪率:24.4%

 

 

豆腐ダイエットのやり方

豆腐ダイエットのやり方は

・1日1丁(300g〜500g)の豆腐を食べる

 

・朝ごはんは「8時」、昼ごはんは「16時まで」に食べ、夕食は「食べない」

 

・1日の摂取カロリーは「基礎代謝マイナス500kcal」

 

この3つを守るだけ。

それ以外は、何もしなくてもいいダイエットです。

 

摂取カロリー「基礎代謝マイナス500kcal」を守れれば、

・「お米」も「お菓子」も「アイス」も食べてよし!

 

・「運動」不要!

 

・細身の身体が手に入る

 

簡単ダイエットです。

「どうです?試してみたくなってきませんか?」

 

 

お米も食べていいよ

世の中の豆腐ダイエットには、「お米の代わりに豆腐だけ食べる」「お米を食べない」ってダイエットがあります。

炭水化物を食べないダイエット、糖質制限ダイエットって呼ばれるものですが、あれはキツイ!

 

「日本人なら米食うでしょ!」って思っちゃう。実際やってみたんですが、かなりストイックで挫折。

テレビでやってるような「ハードな筋トレ」「炭水化物制限」「週に1度のチートデイ」なんていうのは、アスリートのような精神を持った人しか無理です。

 

豆腐ダイエットでは、摂取カロリー「基礎代謝マイナス500kcal」を守れれば、お米も食べてOKです!

 

 

甘いものも食べていいよ

もちろん、摂取カロリー「基礎代謝マイナス500kcal」を守れれば、甘いものも食べてOKです!

 

実際に、豆腐ダイエットをしている時、「お菓子食べたいなぁ」って思って、コンビニで買った「チョコクッキー」食べたり「アイス」食べたりしてました。

食べたその日は、体重が増えるんですが、1週間トータルで見ると減ってる!

 

「ダイエットは、甘いもの我慢する!」って考えは捨てましょう!

「我慢=無理」です。

無理なことは、続かない。1週間は我慢できても、1ヶ月、2ヶ月は続けられません。

 

実際に痩せた経験から「精神的にも負担の少ないダイエット」がおすすめです。

 

 

「運動?」不要です

運動はしなくていいです。

 

理由は、お腹が空くから。

 

具体的な話をすると、

以前の「ダイエット」の時に、必ず運動してました。「運動しなきゃ痩せないでしょ!?」って思い込んでたんです。

その結果、「疲れる、お腹が減る、食べる」という悪循環

 

「運動してるから、ちょっとぐらい食べてもいいでしょ?」って思って、運動後、食べちゃう。

「運動した後は、タンパク質摂った方がいい!」ってのを信じて、食べて太る。運動して痩せて、食べて太る。

 

結果、「苦しいダイエットしてるのに太ってしまう」という悲惨な結果でした。

 

その経験から、「ダイエットする時に運動しない方がいいんじゃない?」って考えるようになりました。

毎日の通勤で1時間だけ歩きますが、それ以外は、気が向いた時に10回だけ腹筋する程度。仕事はデスクワークなので、ほとんど運動はしていません。

 

豆腐ダイエットは、「苦しい運動不要」「きつい筋トレ不要」のユルユルなダイエットです。

 

細身に絞れる

豆腐ダイエットをすると、細身に絞ることができます。

筋トレ、運動をしないので、ボディービルダーのようにマッチョにはなれませんが、身体の線が細くなります。

 

具体的には、

・お腹周りが細くなった(ウエスト1ヶ月でマイナス5cm!)

 

・くびれができた

 

・腹筋の縦線が見えるようになった

 

という効果がありました。

豆腐に含まれる「レシチン」が脂肪代謝に効いたのか<体脂肪率も1ヶ月でマイナス3%>と、高い効果が出ました。

 

 

まとめ

豆腐ダイエットで守ることは3つだけ

POINT・1日1丁(300g〜500g)の豆腐を食べる

・朝ごはんは「8時」、昼ごはんは「16時まで」に食べ、夕食は「食べない」

・1日の摂取カロリーは「基礎代謝マイナス500kcal」

 

これだけで、1ヶ月で約4kg、体脂肪率マイナス3%程度痩せることができました。

 

個人差があると思うので、全員に効果があるかどうかはわかりませんが、「1週間で1キロ痩せる」ことができます。

 

具体的な効果は、

・お腹周りが細くなった(ウエスト1ヶ月でマイナス5cm!)

 

・くびれができた(1ヶ月で体重マイナス4キロ)

 

・腹筋の縦線が見えるようになった(1ヶ月で体脂肪率マイナス3%)

 

「運動苦手」「我慢するの嫌」「簡単に痩せたい」って人におすすめのダイエットです。

 

 

あわせて読みたい

今回紹介した豆腐ダイエットは、短期間で痩せるために少しアレンジした豆腐ダイエットです。

 

少し条件が厳しいなと思った方は、かなりゆるめな豆腐ダイエットも紹介しています。

 

1ヶ月や2ヶ月では結果が出ないかもしれませんが、徐々に体質改善をして痩せやすい体を作るダイエット方法です。

関連記事>>>豆腐ダイエット

 

 

「トウフを食べて健康な毎日を」

 

 


イイダ
『大豆は世界を救う』と信じる豆マニア。豆腐屋で6年修行。本格的な手作り豆腐作れます。Twitterでは365日の豆腐ダイエットに挑戦中!ダイエットに興味がある方はTwitterもチェックしてください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です