豆腐1丁の大きさはどれくらい?


こんにちは、イイダです。

豆腐は1丁2丁と「丁(ちょう)」と数えますが、「じゃあ、1丁ってどれくらいだよ?」って思います。

今回は「豆腐1丁ってどれくらい?」ってことを解説します。

 

豆腐1丁の大きさ

地域によって違う

一口に「豆腐1丁」といっても、地域、お店によって大きさが違います。「1cm」や「1kg」「1海里」などの決まった単位ではなく、「1個」や「1つ」といった具合にモノによって大きさ、重さが変わってくる<単位>です。

なので、地域によって変わってきたり、お店によって変わってきます。

同じお店の中でも「もめん豆腐1丁」と「きぬ豆腐1丁」の大きさ、重さが違ってきたりもするので、ややこしいです。

1丁の大きさは、お豆腐屋さんが独自で決めています。

 

基本は300g〜400g

一般的にスーパーで売られている豆腐は1丁<300g〜400g>のものが多いです。

大阪型の豆腐は400gが一般的で、京型は300gが一般的。

 

関連記事>>>豆腐屋さんが言う「大阪型(おおさかがた)」ってなんのこと?

 

料理のレシピでは1丁は300gぐらいで記載されていることが多いです。

「だいたい、300gぐらいで1丁なんだな」って覚えておくといいですね。

 

「1丁は○○g」って決まっているわけではないので、商品、豆腐の種類によって様々です。

 

 

大きいものだと1kg

沖縄で売られている豆腐「島豆腐」は、大きいものだと「1kgで1丁」と数える豪快な豆腐もあります。

沖縄では豆腐は、ソウルフードのように食べられています。「島豆腐」、「ゆし豆腐」は、そのまま食べたり、汁物に混ぜて食べたりと「豆腐だけ」で<おかず>になっちゃう。

なので、豆腐も1kgと規格外な大きさで売られていたり。大家族で生活する沖縄ならではの規格です。

 

まとめ

料理で使うレシピは300g、一般的なスーパーで売られているのは300g〜400gが多いです。

 

豆腐1丁といっても、決まった重さではなく、お豆腐屋さんが独自に重さ、大きさを決めています。

もめん豆腐はたくさん食べるから400gにしようとか、ごま入りのきぬ豆腐は150gにしようとか、豆腐の種類によって変えることもあるぐらいです。

豆腐屋さんは、それぞれの豆腐の使い方、食べ方によって決めていることが多いです。

 

もちろん、地域差もあり、沖縄では1丁1kgもあるジャンボ豆腐があったりもします。豆腐1丁の大きさを比べても、食文化の違いが見えてくるので、楽しいですね。

 

 

「トウフを食べて健康な毎日を」

 

 

 


イイダ
『大豆は世界を救う』と信じる豆マニア。豆腐屋で6年修行。本格的な手作り豆腐作れます。Twitterでは365日の豆腐ダイエットに挑戦中!ダイエットに興味がある方はTwitterもチェックしてください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です