ごま豆腐はなぜ「とうふ」になれないのか


こんにちは、イイダです。

とうふって何?という人は日本人では少ないと思いますが、正確に答えられる人も少ないのではないでしょうか。

ここで、ひとつ質問です。

ごま豆腐は「とうふ」でしょうか、「とうふ」じゃないでしょうか?

豆腐って書いてあるから「とうふ」でしょ?と感じると思います。

それでは、とうふかどうか確認してみましょう!

とうふとは

とうふ類の表示に関する公正競争規約および同施行規則によると、

大豆(成分を調整するような加工処理をしたものを除く)に水を加えた液体からおからを分離し、タンパク質その他の可溶成分を抽出した液体(以下、これを「豆乳」という。)に施行規則第1条2項で定めるとうふ用凝固剤(以下、「凝固剤」という。)を加えて固めた食品であって、以下の各号すべてに該当するもの。

(1)大豆、凝固剤、水以外の原材料及び食品添加物及び加工助剤等(とうふ用消泡剤を除く。)を含まないもの。

(2)大豆固形分が10%以上のもの。

(3)製品に最も多く含まれる栄養成分が大豆タンパク質であること。

と定義されています。

簡単にいうと

原料は大豆、水、凝固剤、加工助剤のみを使い、おからを分離して、大豆タンパク質を主成分にする大豆固形分が10%以上のもの。

となります。

大豆から食物繊維を抜いてとうふ用凝固剤で固められれば「とうふ」と名のっていいわけです。

ごま豆腐はとうふにはなれない

ごま豆腐はというと、ゴマを滑らかになるまで磨り潰し、水で溶いた葛粉と混ぜ、火にかけて練り上げ、型枠に入れて固めたもの。なので、正確には「とうふ」ではないわけです。

豆腐をのような形をしているので、ごま豆腐と呼ばれています。

「とうふ」と言っても実は奥が深いです。とうふについて詳しく解説していきますので、次回もお楽しみに!

 

「トウフを食べて健康な毎日を」

 


イイダ
『大豆は世界を救う』と信じる豆マニア。豆腐屋で6年修行。本格的な手作り豆腐作れます。Twitterでは365日の豆腐ダイエットに挑戦中!ダイエットに興味がある方はTwitterもチェックしてください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です