豆腐の定義


こんにちは、イイダです。

そもそも、豆腐ってなんだ?って疑問があります。「豆腐」って名乗ってもいいものには条件があります。

今回は豆腐と名乗ってもいい条件「豆腐の定義」について紹介します。

豆腐とは?

豆腐の定義

とうふ類の表示に関する公正競争規約および同施行規則によると、

大豆(成分を調整するような加工処理をしたものを除く)に水を加えた液体からおからを分離し、タンパク質その他の可溶成分を抽出した液体(以下、これを「豆乳」という。)に施行規則第1条2項で定めるとうふ用凝固剤(以下、「凝固剤」という。)を加えて固めた食品であって、以下の各号すべてに該当するもの。

(1)大豆、凝固剤、水以外の原材料及び食品添加物及び加工助剤等(とうふ用消泡剤を除く。)を含まないもの。

(2)大豆固形分が10%以上のもの。

(3)製品に最も多く含まれる栄養成分が大豆タンパク質であること。

と定義されています。

 

簡単にいうと

原料は大豆、水、凝固剤、加工助剤のみを使い、おからを分離して、大豆タンパク質を主成分にする大豆固形分が10%以上のもの。

となります。

大豆から食物繊維を抜いてとうふ用凝固剤で固められれば「とうふ」と名のっていいわけです。

 

さらに簡単に言うと

豆乳の濃度が10%以上のもので、「にがり(とうふ用凝固剤)」を使って固めたものが豆腐となります。

濃度が薄いものでもダメだし、にがりじゃない「ゼラチン」「葛粉」などで固めたものも『とうふ』と名乗っちゃいけないんです。

 

 

厳密に調べていくと結構ややこしい「とうふ」の世界。

 

「トウフを食べて健康な毎日を」


イイダ
『大豆は世界を救う』と信じる豆マニア。豆腐屋で6年修行。本格的な手作り豆腐作れます。Twitterでは365日の豆腐ダイエットに挑戦中!ダイエットに興味がある方はTwitterもチェックしてください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です