【実は同じ】きぬ豆腐ともめん豆腐の違いとは


きぬ豆腐ともめん豆腐の違い

こんにちは、イイダです。

日本のスーパーで豆腐を見てみると、基本的に「きぬ豆腐」、「もめん豆腐」の2種類が並んでいます。

きぬ豆腐ともめん豆腐は違う?

じつは、途中まで作り方は同じです。きぬ豆腐にひと手間かけたのがもめん豆腐です。

大豆を砕いて磨り潰し、おからを絞って豆乳を作ります。その豆乳に「にがり」という豆乳を固める液体を入れると豆乳が固まり豆腐になります。これが「きぬ豆腐」

さらに型枠に布を敷いてきぬ豆腐を砕いて入れ、上に重しを乗せ潰して固めたのが「もめん豆腐」

つまり、きぬ豆腐を潰して固めたのがもめん豆腐なんです。

きぬ豆腐、もめん豆腐の使い方

きぬ豆腐はツルンとした食感で柔らかく滑らか。味は少し水っぽい感覚はありますが、冷奴、湯豆腐や麻婆とうふに最適です。

もめん豆腐はザラッとしており、固め。味がしっかりしており、大豆本来の風味をしっかりと感じます。冷奴、豆腐ステーキやとうふ田楽に最適です。

女性的な豆腐、男性的な豆腐

きぬ豆腐が女性のような滑らかなイメージ、もめん豆腐は男性のようなガッシリとした武骨なイメージです。

それぞれの特徴があり、同じ料理でも「きぬ豆腐」を使ったものと「もめん豆腐」を使ったものでは食感や味が変わって、とても面白いです。

例えば、冷奴。きぬ豆腐の冷奴はツルンとした舌触りで冷やして、生姜、ネギをたっぷりのせ醤油をかけて食べる。食欲がなくなる暑い夏、日本酒のあてに最高です。

もめん豆腐の冷奴は大豆本来の味がガツンとくる。刻んだ玉ネギをたっぷりのせ、香りづけに胡麻油を少々、醤油をかけて食べる。焼酎や泡盛に合う豆腐です。

自分の好みに合う豆腐を見つけてみて

きぬ豆腐ともめん豆腐。料理しやすさ、食感、味が違うので自分の好みの食べ方を見つけてみてください!

 

「トウフを食べて健康な毎日を」

 


イイダ
『大豆は世界を救う』と信じる豆マニア。豆腐屋で6年修行。本格的な手作り豆腐作れます。Twitterでは365日の豆腐ダイエットに挑戦中!ダイエットに興味がある方はTwitterもチェックしてください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です