豆腐米(とうふまい)のレシピ・作り方・アレンジ料理

豆腐米

豆腐米のレシピ

豆腐米(とうふまい)は、木綿豆腐を米化して作るご飯です。お米と違い、炭水化物が少ないのが特徴!

ダイエット中にお米が食べたくなった時・低糖質な食事にしたい時などにおすすめです!

 

材料

木綿豆腐:200g

 

作り方

1:木綿豆腐を手で潰して、鍋に入れる

2:弱火で炒る

3:焦げ付かないように混ぜながら炒る

4:湯気が出なくなったら火を止める

5:完成!

 

ポイント①

豆腐を潰す

豆腐を手で出来るだけ細かく潰す

細かく潰した方が水分が出やすいです。

豆腐の温度が上がりやすく、時短にもなります。

ポイント②

豆腐を炒る

豆腐から湯気が出ているうちはよく混ぜなくてもOK。

豆腐の温度を上げるため、そっとしておいてもいいです。

フライ返しなどを使って、細かく砕きましょう。

ポイント③

豆腐の水分を飛ばす

豆腐から水分が出なくなったら、よく混ぜましょう。

ジューッという音から、パチパチという音に変わります。

パチパチという音に変わると、焦げ付きやすくなるので気をつけてください!

よくある質問

Q1:油は必要ですか?

A1:油は入れなくてもOKです。

 

Q2:温度は何度ですか?

A2:IH(5段階設定)の3、電熱線なら300W、ガス火ならとろ火〜弱火がおすすめです。

 

Q3:鍋底に焦げ付いてしまうのですが、どうしたらいいですか?

A3:「火を弱める」か「もっとよく混ぜる」のがおすすめです。フライ返しを使って、鍋底から剥がす感じで炒めると簡単です。

 

Q4:フライパンではダメですか?

A4:フライパンでもOKです。ですが、混ぜる時に飛び散りやすいので底が深いフライパンがおすすめです。

 

Q5:豆腐の水切りは必要ですか?

A5:豆腐は水切りなしでOKです。水切りすると炒める時間が短くなるので、時間がない方は水切りした後の豆腐を使うと時短で料理できます。

 

Q6:豆腐米のカロリーはどのくらいですか?

A6:豆腐米のカロリーは100gあたり約89kcalです。詳しい成分は、こちら。

 

豆腐米のカロリー

エネルギー 89kcal
たんぱく質 7.8g
脂質 5.4g
炭水化物 1.7g
糖質 0.9g
食物繊維 1.2g
食塩相当量 0g

※100gあたりの推定値です(豆腐ラボ調べ)

 

豆腐米のアレンジ料理

豆腐チャーハン

【ご飯なし】豆腐チャーハン

豆腐米を使えば誰でも簡単にパラパラチャーハンが作れます。

カロリーオフ、糖質オフのダイエットレシピ。

豆腐チャーハンのレシピへ進む

豆腐オムライス

豆腐オムライス

ケチャップと和え、トロトロ卵をのせたレシピです。

タンパク質豊富で、ボリュームたっぷり!

豆腐オムライスのレシピへ進む

豆腐カレーピラフ

豆腐カレーピラフ

ピリ辛!汗がじわっと出てくる燃焼系レシピです。

体が温まり、元気が出てきますよ!

豆腐カレーピラフのレシピへ進む

ガパオ豆腐

ガパオ豆腐

豆腐と野菜で作る低カロリー・低糖質のガパオライスです。

豆腐をたくさん使っているので満腹が続きます。

ガパオ豆腐のレシピへ進む

豚ニラ豆腐丼

豚ニラ豆腐丼

豆腐米に豚肉をのせて食べるガッツリ飯!

ガツガツガツッ!と食べたい満腹ご飯。

豚ニラ豆腐丼のレシピへ進む

大根の葉っぱご飯

大根の葉っぱご飯

質素でシンプル、だけどなぜか美味しい!

個人的にイチ押しの豆腐米レシピです。

大根の葉っぱご飯のレシピ

豆腐いなり寿司

豆腐いなり寿司

甘く煮込んだ油揚げで包んだお寿司です。

軽い食感で食べれるのが特徴。

豆腐いなり寿司のレシピ

あわせて読みたい

【関連する料理】

【食材から選ぶ】


イイダ
『大豆は世界を救う』と信じる豆マニア。豆腐屋で6年修行。本格的な手作り豆腐作れます。Twitterでは365日の豆腐ダイエットに挑戦中!ダイエットに興味がある方はTwitterもチェックしてください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です